白ナンバー アルコール検査 義務化
いつから?対象は?規定は?

いつから?

白ナンバー アルコールチェック 義務化

2022年10月1日から
※施行に向けて調整が進められています。

アルコール検知器を使用した酒気帯び確認、およびアルコール検知器の常備については、事業者の準備期間を鑑みて、施行が半年間延期され、2022年10月1日になる見込みです。
一方、事業者が運転手の酒気帯びの有無を目視などで確認し、その記録を1年間保存する取り組みは、2022年4月1日から始めるとされています。

白ナンバー アルコール検査 義務化 いつから

対象は?

白ナンバー アルコールチェック 義務化

安全運転管理者選任事業所

安全運転管理者選任事業所とは、自動車5台以上(50ccを超える自動二輪車は0.5/1台で計算)、または定員11名以上の自動車を1台以上保有している事業所

※法人ではなく事業所単位。

白ナンバー アルコール検査 義務化 対象

規定は?

白ナンバー アルコールチェック 義務化

  1. 安全運転管理者は、運転者に対し、運転の前後に目視および「アルコール検知器」を使用して、酒気帯びの有無を確認すること。
  2. 確認した記録をデジタルデータや日誌等で1年間保存すること。
  3. 正常に機能する「アルコール検知器」を常備すること。
白ナンバー アルコール検査 義務化 規定

安全運転管理者とは?

安全運転管理者選任事業所(自動車5台以上(50ccを超える自動二輪車は0.5/1台で計算)、または定員11名以上の車両を1台以上保有している事業所)ごとに、安全運転管理者を1人選任し、管轄する公安委員会に届出。
安全運転管理者は、安全な運転を確保するために、下記の業務を行わなければなりません。

(1)運転者の適正等の把握 (2)運行計画の作成 (3)交替運転者の配置 (4)異常気象時等の措置 (5)点呼と日常点検 (6)アルコール検知器を用いた運転前後の酒気帯び確認 (7)アルコールチェックの記録1年と常時有効性確認 (8)運転日誌の備付け (9)安全運転指導

正常に機能する
「アルコール検知器」とは?

アルコール検知器の定義は「呼気中のアルコールを検知し、その有無または、その濃度を警告音/警告灯/数値等により示す機器」です。
アルコール検知器は、精度を維持するため、校正と呼ばれるセンサー交換が必要で、有効期間は機種により異なりますが、1年もしくは決められた測定回数までとされています。メーカーが定めるタイミングで交換しないと動作保証されませんので、ご注意ください。
また、保守契約や消耗品の購入方法もチェックしておきましょう。

アルコール検知器 センサー交換

安全運転管理者 必見!!
業務用アルコール検知器の選び方

アルコールチェックの検知方式は2つ

1燃料電池式センサー(電気化学式センサー)
メリット
・高精度、耐久性に優れている。
・保守校正サービスが整っている。
デメリット
・半導体センサーに比べると高額。
業務用に適している
2半導体センサー
メリット
・手頃な価格で購入できる。
デメリット
・寿命が短い。
・呼気中のアルコールに近い成分に反応しやすい。
業務用に適していない

注意

アルコール検知器の問題点は、正常に機能していないアルコール検知器を使用して「アルコールを検出せず」の結果が出た場合、本当に呼気に含まれていなかったのか?機械の故障なのか?わからないことです。

仮に、【30人×2回(運転前後)×20営業日×12ヶ月としても、1年間で14,400回】使用されます。
アルコール検知器は、これほど酷使されます。

万一、酒気帯びの検査漏れが起こってしまったら重大です。

  1. 業務用に適していない安価で耐久性のないアルコール検知器の使用は止めましょう。
  2. 高価で耐久性のある業務用アルコール検知器でも、センサー交換など定期的なメンテナンスを必ず行いましょう。
  3. 保守サービスが万全で信頼性の高い業務用アルコール検知器を選びましょう。

アルコール検知器のタイプは3つ

1据置型

・事務所で計測するため、不正防止効果がある。

・プリンターが内蔵されているので、測定結果をその場で印字できる。

アルコールチェッカー サンコーテクノ st-2000

2携帯型

・事務所に戻れないドライバーも携帯できるので、直行直帰や出張時に便利。

・測定結果を印刷する場合、プリンターに接続する必要がある。

・比較的安価。

アルコールチェッカー タニタ fc-1200

3高機能型

・パソコンにソフトウェアを導入。他拠点を含め、測定結果の一元管理が可能。

・IT点呼など拡張機能あり。

アルコールチェッカー 東海電子 alc-pro2

アルコール検知器の感染症対策は?

アルコール検知器のタイプによっては、複数人で共有しますので、ウィルス感染を心配されるお客様もいらっしゃいます。
各メーカーでは、お客様が安心して測定できるよう、「適切なメンテナンス方法」や、「専用の使い捨て紙ストローを用意する」など、サポートしています。

アルコール検知器 感染症対策

今回対象となる白ナンバーの事業所は、全国に約34万あり、アルコール検知器も半導体不足で欠品してしまう可能性がございます。お早めのご購入をご検討ください。

テレコムでは、義務化対応の業務用アルコール検知器を多数取り扱っております。「うちの会社にあうアルコール検知器ってどんなタイプ?」など、お気軽にご相談ください。

業務用アルコール検知器
製品ランナップ

今回は、アルコール検知器協議会加盟の8団体、認定30機種の中から、特にお勧めの8機種をご紹介いたします。この他にも、さまざまなタイプのアルコール検知器を取り扱っております。お気軽にご相談ください。

1据置型

業務用アルコール検知器

人気NO.1据置型燃料電池式センサー

ALC-miniⅣ IC

東海電子 tokaidenshi

アルコールチェッカー 東海電子 ALC-miniⅣ IC

「免許証をかざす」「息を4秒吹きかける」の簡単2ステップ。
運転免許証の有効期限も同時にチェック。
測定結果は内蔵プリンターから印刷。
付属のUSBメモリーから記録データコピー。パソコンで管理可能。

製品ページ
据置型燃料電池式センサー

ALCFace ST-2000

サンコーテクノ sankotechno

アルコールチェッカー サンコーテクノ ALCFace ST-2000

設定やPC不要ですぐに使える。
ボタンを押して、マウスピースに息を吹き込むだけ。
測定と同時に顔写真を自動撮影。なりすましを防止。
ミニプリンタ内蔵型なので場所をとらない。

製品ページ

2携帯型

業務用アルコール検知器

携帯型燃料電池式センサー

ALC-mobileⅡ

東海電子 tokaidenshi

アルコールチェッカー 東海電子 ALC-mobileⅡ

離れた場所でもリアルタイムに測定結果を自動送信。
位置情報+写真付き測定結果で見える点検。
本体メモリーに最大1920件保存可能。

製品ページ
携帯型燃料電池式センサー

ALBLO FC-1000

タニタ tanita

アルコールチェッカー タニタ FC-1000

携帯型、事務所据置型に対応。
出先でもスマホやタブレットにつないで測定可能。
測定結果は管理者のパソコンにメールで自動送信。

製品ページ
携帯型燃料電池式センサー

ALBLO FC-1200

タニタ tanita

アルコールチェッカー タニタ FC-1200

FC-1000をベースにバージョンアップ。
電源ONから息を吹きかけ、たった15秒でスピード測定。
単体でも測定記録を本体にメモリー保存可能。

製品ページ
携帯型燃料電池式センサーデジタコ連動

ALBLO FC-1200F

タニタ tanita

アルコールチェッカー タニタ FC-1200F

FC-1200のデジタコ連動型。
富士通デジタコDTSシリーズと連動可能。
アルコールチェックと運行管理を一緒に行える。

製品ページ

3高機能型

業務用アルコール検知器

高機能型燃料電池式センサー

ALC-PROⅡ

東海電子 tokaidenshi

アルコールチェッカー 東海電子 ALC-PROⅡ

点呼動画の記録、保存。点呼記録簿の自動作成が可能。
測定記録は1年分保存。
ネットワーク共有で他拠点のデータ管理も一元化。

製品ページ
高機能型燃料電池式センサー

ST-3000

サンコーテクノ sankotechno

アルコールチェッカー サンコーテクノ ST-3000

データ管理やIT点呼ができるソフト「アルコガーディアンシリーズ」と連動。
免許証リーダーを追加するなど、状況に応じたシステムアップが可能。

製品ページ